もう不倫をやめたい人へ

その7、モラル崩壊

モラル崩壊

 

本題だと思ってた、F医師の奥さんの話は
たった5分で終了。
正直、唖然としました(・ ・;)

 

 

私:「もう・・・いいんですか??」

 

 

F:「うん。いいのいいの。聞いてくれてさんきゅう。」

 

 

今日は、その話をするために
私を呼び出したはずなんでは?

 

 

と、このときばかりは、
拍子抜けしてしまいました。

 

 

そんな私を知ってか知らずか、
F医師はサクっと話を切り替えてしまいました。

 

 

「そういえば、Nさん(同じ職場の同僚ナース)、
今度うち辞めて、カナダかどっかに語学留学だってね。
いいなぁ。俺も欲しいな。長期休み。」

 

 

たった5分の本題の後は、
こんなたわいもない話を
延々と続けました。

 

 

それでも私にとって、当時の彼氏を除けば、
男性とこんなにフランクに話す機会なんて
超がつくほど珍しかったので、
正直、こんな雑談ですら
内心すごーく楽しかったです。

 

 

そんなこんなで、気がついたら、
私とF医師は、3時間もしゃべっていました。

 

 

「そろそろ、出ようか。」

 

 

F医師は言いました。

 

 

私は、心の中で、

 

 

「もうちょっとしゃべってたいなぁ・・・。」

 

 

と思っていました。

 

 

彼氏とのデートなら、
別れ際はいつもあっさりとバイバイするのに、
この日のF医師との解散は、
胸の奥がキュッと締めつけられるように
すごく切なくなりました。

 

 

別れ際、F医師は私にこんなことを言いました。

 

 

「よかったら、またこうやって会えないかな?

 

マリ子ちゃんと話してると、日頃のストレスがフワッと

 

消えてくような気がするんだ。」

 

 

私は、何を迷うことなく、

 

 

「私なんかでよければ。」

 

 

と、気付いたらそう即答してました。

 

 

この時すでに、私の中では、
完全にモラルが崩壊してたと思います。

 

 

いや、もともと、モラルなんて無かったのかも。

 

 

モラルが無いことをバレたくなくて、
一生懸命マトモな人間を
演じていただけなのかも・・・。

 

 

こちらに続きます!
指やじるし下その8、心ここにあらず

 

みんなの不倫事情はこちら。
指やじるし下不倫事情1―現実逃避のあげく会社を巻き込んでの修羅場へ