もう不倫をやめたい人へ

その2、初デート(前編)

初デート(前編)

 

夜勤中の口約束から、2週間くらい経った、
私の公休日。

 

 

その日に合わせて、わざわざF医師も、
休みを取ったみたいでした。

 

 

いつも忙しいのに、
いったいどんな手を使ったんだか。

 

 

それにしても、当日の朝起きたときの
何とも言えない高揚感といったら、

 

 

「これは・・・デートなのか??」

 

 

なんて、勘違いしてしまいそうでした。

 

 

いまから思い返せば、
「あれはもうデートだったんだろうなー」
と思えるけれど、当時の私にとっては、
そんなつもりは全くナシ。

 

 

だからこそ、私はあの朝のワクワク感を、
必死で認めないようにしていました。

 

 

さてさて、そんなF医師との初デート。

 

 

私たちは代々木駅で待ち合わせをしました。

 

 

待ち合わせ場所に現れたF医師は・・・

 

 

青×白チェックのえり付きシャツに、
ベージュ寄りのカーキの綿パンを合わせて、
靴は、ネイビーと白の配色のスニーカー
という姿でした。

 

 

いつも、白衣姿しか見ていなかったので、
私服で立っている姿を見ただけで、
もうドキドキ・・・☆

 

 

「遅れちゃって、申し訳ない。」

 

 

それがF医師の第一声でした。

 

 

そう、F医師はこの日、
待ち合わせの約束から
15分も遅刻してきたんです。

 

 

一方、私はというと、
10分前には待ち合わせ場所にいたので、
合計で、30分近くは待たされていました。

 

 

ふつうなら、
ちょっとムッとしてもいい状況なんですが・・・

 

 

でも、このときのF医師の謝り方が、
意外なくらい、めちゃくちゃ素直だったので、
私は思わず慌てて、(なぜ私が慌てる・・・><)
首を左右に振りました。

 

 

「とりあえず、行こうか。カフェにでも入ろう。」

 

 

そう言ってF医師は歩き出しました。

 

 

私も、少し後ろから付いて歩きました。

 

 

こちらに続きます!
指やじるし下その3、初デート(後編)

 

みんなの不倫事情はこちら。
指やじるし下不倫事情1―現実逃避のあげく会社を巻き込んでの修羅場へ