もう不倫をやめたい人へ

その3、初デート(後編)

初デート(後編)

 

私とF医師は、歩いていてたまたま目に入った
アンティーク風の雰囲気のあるカフェに入りました。

 

 

席に着くなり、F医師はまた、

 

 

「けっこう待たせたよね。ほんと申し訳ない。」

 

 

と、遅刻したことを謝ってきました。

 

 

「いえ、お忙しいのにすみません。」と、私。

 

 

「いや、ごめんね。今日はおごるよ。何飲む?」

 

 

と、メニューをこちらに向けて差し出すF医師。

 

 

あの遅刻は、単なる偶然だったのか、
それとも実は計算したのか、
それはいまだに謎ですが・・・、

 

 

私たちの会話は、いつもこんな調子で、
F医師が常にリードしていました。

 

 

私は、大きなカフェオレボウルで出てきた
ラテを飲みながら、

 

 

この日ばかりはただひたすらに、
日頃、S女医に言いたくても言えなかった
文句の数々を、F医師に聞いてもらいました。

 

 

するとF医師も、

 

 

S女医は、ドクターの中でも気分屋で有名で、
内輪でも「できれば関わりたくないよねー」
という意見で一致してるよ、

 

 

と話してくれて、

 

 

私は、少しホッとしました。

 

 

そのやり取りで、心のガードがゆるくなったのか、
気付いたら、私とF医師は、
お互いの恋愛遍歴について
話をしていました。

 

 

これまで付き合った人数、別れた理由・・・

 

 

で、今はどうなの?みたいな話。

 

 

ちなみに当時私には、
付き合って1年くらいになる
同い年の彼氏がいましたが、
その話はまた別の機会に譲るとして(・_・;)

 

 

いままで、お互いにプライベートな話は
あんまり出してこなかった分、
けっこうしゃべり倒して、

 

 

結局この日私たちは、
夕方5時には解散しました。

 

 

でも、このとき私にはわかったんです。

 

 

確実に自分の中で、
何かのスイッチが押されたことを。

 

 

もし、神様がこれを見ていたんだったら、
当時の私に、ひとこと忠告してほしかったな。

 

 

「深入りするなよ」って。

 

 

こちらに続きます!
指やじるし下その4、もうひとつの恋の始まり

 

みんなの不倫事情はこちら。
指やじるし下不倫事情1―現実逃避のあげく会社を巻き込んでの修羅場へ