もう不倫をやめたい人へ

その8、心ここにあらず

心ここにあらず

 

F医師との雑談会から、ひと晩明けた朝・・・

 

 

私は珍しく、目覚ましが鳴る前に、
自然に目が覚めました。

 

 

その日は、夜勤だったので、
ゆっくりとご飯を食べて、洗濯機を回し、
撮りだめたテレビ番組を見ながら、
ぼんやりと考え事をしていました。

 

 

頭の中では、きのうF医師と過ごした
いろんなシチュエーションが、
繰り返し、ぐるぐると駆け巡ってました。

 

 

しかも、その日のF医師は、
当直勤務の予定。

 

 

つまり、夜勤の私とは、
勤務時間中、ずっと一緒なんです。

 

 

もちろん、2人きりにはならないから、
仕事中はいつも通りで心配ないんだけど。

 

 

それでも、私はもうF医師と会うたびに
ポーカーフェイスを保つのが苦しくて・・・。

 

 

仕事に必要な最低限の会話ですら
いっぱいいっぱいでした><

 

 

でも、F医師の方はというと、
いつも通りの淡々とした様子で、
なんだか、一人で舞い上がってる自分が、
とても恥ずかしくなりました・・・(/ o \)

 

 

プライベートでは、どんなに打ち解けても、
仕事中のF医師は、
私にだけ親しげに話しかけたりなんてことは
絶対にしてきませんでした。

 

 

そのせいもあって、私は余計に、
次にデートする時のことを想像したり、
勝手に期待をふくらませたりしながら、
脳内で遊んでました。

 

 

 

 

その週は、週末にお休みが取れたので、
当時の彼氏(元彼クン)と会いました。

 

 

前回会ったときから、
3週間くらいあいたのかな。

 

 

この日の彼氏とのデートでは、
待ち合わせ場所で会ったときから、
すごーくとまどいましたっ(>o<)

 

 

なぜかというと、
いったいそれまで、彼氏とどう接していたのか
急に分からなくなって、パニックになったからです(・_・;)

 

 

相槌の打ち方から、間(ま)の作り方、
笑い方。ツッコみ方。

 

 

いつもどんな話題を振ってたんだっけ?
歩くペースは、こんくらいでいいんだっけ?

 

 

どれも、その日までは、
自然にできていたことだったのに。

 

 

とにかくこの日は、すごく動揺しました・・・(@_@;)

 

 

それだけ、私の中で、
その彼氏の存在が、小さくなってきていたと
いうことだったんでしょうね。

 

 

この日のデートでは、
彼氏が絶対寄りたいと言っていた
東急ハンズに行ったこと以外、
ほとんど記憶がありません。

 

 

こちらに続きます!
指やじるし下その9、恋の終わりと本番前夜

 

みんなの不倫事情はこちら。
指やじるし下不倫事情1―現実逃避のあげく会社を巻き込んでの修羅場へ