もう不倫をやめたい人へ

その10、本番(前編)

本番前編

 

前日に約束した通り、
その日私は、日勤が終わったあと、
渋谷駅に向かいました。

 

 

病院から2人で一緒に出ると、
周囲に気づく人がいるかもしれないから、
渋谷集合にしようと、
F医師が提案してくれたのでした。

 

 

それから、私とF医師は、
無事に駅で落ち合って、
目的のタワーホテルに入りました。

 

 

その日入ったレストランは、
ビュッフェスタイルのお店でした。

 

 

正直、それまでビュッフェといえば、
「質より量!」というイメージで、
全体的に安っぽい印象しか無かったのですが・・・

 

 

ここのビュッフェメニューは、見事に
そのマイナスイメージをひっくり返してくれました!

 

 

王道だけど感動するくらい美味しいメイン料理、
珍しい野菜をたくさん使ったカラフルなサラダ、
かわいらしいデザート・・・☆

 

 

激務で疲れきっているはずなのに、
気分は、めちゃくちゃハイに・・・(o> U <o)

 

 

F医師は、当直明けにはだいたい、
こうやって、ホテルでごはんを食べるそうです。

 

 

さすが、医者のプライベートだなぁ・・・
という感じがしました。

 

 

ナースもそこそこ、
お給料もらってる方だけれど、
さすがに、週1でホテルディナーってのは、
気が引けますもん(・o・*)

 

 

食事が済んで、
私がアップルフレーバーティー
(たしかF医師はブラックコーヒー)
を飲んでいると、

 

 

「このあと、時間ある?」

 

 

と、F医師がおもむろに聞いてきました。

 

 

この頃の私はもう、
F医師に何を誘われたとしても、驚きません。

 

 

それくらいの耐性は、私にもついていました。

 

 

私は、にっこりと笑顔を作って、

 

 

「当然ですよ。

 

このまま家に帰ったって、

 

録画したテレビ見て寝るだけなんですから。」

 

 

と言いました。

 

 

つい、この間まで、
F医師と目を合わせるのも
恥ずかしかった自分。

 

 

F医師に話しかけられるたびに、
いちいち動揺を隠すことに
必死だった自分。

 

 

そんな自分は、もう過去のどこかに
置いてきてしまっていたみたいでした。

 

 

私はF医師に誘われるまま、
エレベーターに乗り込み、
35階のフロアまで上がりました。

 

 

こちらに続きます!
指やじるし下その11、本番(後編)

 

みんなの不倫事情はこちら。
指やじるし下不倫事情1―現実逃避のあげく会社を巻き込んでの修羅場へ