もう不倫をやめたい人へ

その16、F医師の不倫理由

F医師の不倫理由

 

元彼クンから結婚年賀が届いた年の2月、

 

 

同じ看護学校を出て、
それぞれ別の病院でナースをしている
友人3人と、飲む機会がありました。

 

 

すると偶然、F医師の奥さんと
一緒に働いているという友人がいたんです。
(F医師の奥さんは、整形外科の医師でした。)

 

 

世間はホント、広いようで狭い。
正直、驚きました(*o*)

 

 

さらに、私はその友人の口から
驚がくの事実を知らされることになります。

 

 

「こっちのF先生(F医師の奥さん)さ、

 

外科のI先生と、ずっと不倫してるらしいよ。

 

わたしが今の病院に入るもっと前からって話だし、

 

かれこれ、4年くらいにはなるんじゃない?」

 

 

ホント驚きすぎて、
声も出ませんでした・・・。

 

 

この友人の言ってることが正しければ、
F医師の奥さんは、私とF医師が
不倫関係になるもっと前から
その外科の先生と不倫をしていたことになります。

 

 

F医師は、このこと、
知ってたのかな・・・?

 

 

もう、F医師との関係を
終わらせてもいいと思っていた私は、
F医師の真意を、
どうしても確かめたくなりました。

 

 

(関係を壊したくなければ、
直接確かめるなんて、おそらくしません・・・。)

 

 

 

それで、さっそく、
次のF医師とのデートの日、
あえて私は、奥さんの不倫のウワサについて
聞いてみることにしました。

 

 

すると、F医師は、
ちょっと開き直ったような様子で、

 

 

「知ってるよ。

 

前に話したことあったよね?

 

急に性格が明るくなって、俺への文句が減ったって。

 

あれ、もう俺に無関心な証拠でしょ。

 

あきらかに!」

 

 

と、言ってきたんです。

 

 

つまり、F医師は、

 

 

奥さんの不倫の事実を知ったうえで、

 

 

その仕返しと、憂さ晴らしのために、

 

 

私に近づいていたのでした。

 

 

私は、もう居ても立っても居られなくなって、
途中で食事を切り上げ、自宅に帰りました。

 

 

急に、心にぽっかり穴が開いて、
冷たい風が吹き抜けていくようでした。

 

 

こちらに続きます!
指やじるし下その17、不倫の結末と再出発

 

みんなの不倫事情はこちら。
指やじるし下不倫事情1―現実逃避のあげく会社を巻き込んでの修羅場へ