もう不倫をやめたい人へ

その5、F医師の奥さん

F医師の奥さん

 

次に、私とF医師が
プライベートで会ったのは、
私がS女医への不満をぶちまけてから
1ヶ月くらい経った頃でした。

 

 

この日、私がいつも通り、
約束の10分前に待ち合わせ場所に着くと、
F医師は、もうすでにその場所で
ケータイの画面をながめて待っていました。

 

 

私:「すみません。お待たせしちゃいましたか?」

 

 

F:「いや、全然。

 

ってか、まだ時間前だしね。」

 

 

そう言って、F医師は、
私の目を見て、くしゃっと笑いました。

 

 

F医師の、そんな無防備な笑顔を見るのは、
その日が初めてでした。

 

 

病院では絶対に見せない顔。

 

 

思わず、きゅんとしてしまいました。

 

 

ここまでくると、
さすがにこちらも、ポーカーフェイスを貫くのが
ツラくなってくる・・・><

 

 

この日、私とF医師が会ったのは、
三軒茶屋のとあるカフェ。

 

 

おいしいイタリアンが食べられることで
有名なカフェでした。

 

 

「ところで、その後、Sさん(女医)とはどう?

 

うまくやってる?」

 

 

と、F医師は少しイタズラっぽく聞いてきました。

 

 

「別に、ケンカしてたわけじゃありませんからね!

 

でも、この間ぜんぶ吐き出しちゃったんで、

 

ずいぶん楽になりましたよ。

 

なんというかこう・・・寛容になれたというか。」

 

 

と、私が言うと、

 

 

「なるほどね・・・もしかして人間関係ってのは、

 

寛容さが一番の潤滑剤なのかもな。」

 

 

と、F医師。

 

 

このとききっと、奥さんとのことを
思い浮かべながら言っているんだろうな・・・
と、ふと思いました。

 

 

「ところで、F先生と奥様は、

 

おいくつ違いなんでしたっけ?」

 

 

もうどうにも我慢できなくて、私の方から
本題を切り出してしまいました(×o×)

 

 

「向こうがひとつ上だよ。・・・じつはさ、

 

医者なんだよね。奥さんも。」

 

 

えっ?ウソ・・・。

 

 

奥さん、お医者さんだったのぉー!?(*□*)

 

 

こちらに続きます!
指やじるし下その6、本題は5分で終了

 

みんなの不倫事情はこちら。
指やじるし下不倫事情1―現実逃避のあげく会社を巻き込んでの修羅場へ